2009年


今回IEEETrans.への投稿が初めて、
自分が初めから論文作成完了までに一年あまりの時間もかかりました。
今まで、論文が最終採録されてないが、一応いままでの経験をメモしておく。

論文の内容が教育方法論と実践なので、教材開発は2008年10月から、今までの一年半前
論文初稿書き始めたのは2009年7月から、初稿完成は2010年4月で、半年ぐらいかかった。
論文のアイデアを渋り出しにはずいぶん時間かかって、最後のStepByStepアイデアを出すのが
2009年10月だった。全力入れて、論文書くの時間は11月母帰国してから、12月末までの2ヶ月ぐらいだった。

最初投稿から学んだことは一つの文章にはアイデア一個だけで十分です。
アイデアを決めるまでに幅広く情報収集、積極的に議論、深く考えるのは文章成功の鍵
そして、アイデアだけ考えるじゃなく、アイデアを検証する案の設計、検証実施手法の設計なども含めて
できるだけ明確にしたほうがいい。明確にするほど、あどの仕事が順調になれる。
今回に時間かかった原因は主に、アイデアがはっきりしてないまま、論文を書き始めて、結局無駄な時間がかかってしまった。

三月22日に条件付採録の通知が届いた。締め切りが4月19日
Reviewerの意見により、主に英語、先行研究、評価についてコメントをいただいた。
四週間の短い時間に修正に頑張って回答書と論文合わせて提出した。

再投稿から学んだことはReviewerの意見を真剣に読んで完全に理解して、丁寧に対応することだ。
まず、Reviewerの意見をきちんと理解してないと、あどの仕事が無駄になる。
次は回答書を書く。ここに直接論文修正するより、回答書をまず書くのは修正の案を吟味するチャンスだ。
回答書を書く時にときときReviewer の立場から考えるのは重要だ。論文本体が必ず第三者の立場で
自分の研究を論じるが、回答書がそれと違って、Reviewerと直接対話者の立場で書ける。
回答書の作成により、論文修正の案があってから、論文の修正に入る。
今回の論文修正に二点を勉強した。
1.関連研究の作成方
ルール1:遠いから比較
ルール2:重要な研究に対して、総括、利点、悪い点それぞれ書く
ルール3:比較の目的が自分研究の魅力を見せることから、各研究の利点と悪い点がChainのように繋がって、最後に自分研究の強調になる。
2.検証手法
自分のアイデアが最後にデータから分析した結果によって検証されるはず。
そうでなければ、成り立たない。
だからこそ、論文作成前に、アイデアの検証手法と可能性を明確に議論することが重要


追記

論文が6月上旬に採録通知が届いた。ただ、ベージ数が70ページになって、30ページ以内に削減しなきゃ
最初に悔しかった。もう採録されたのに、なんでまだ削減する必要があるのか。自分書いた論文今の状態が一番完璧だ。
削減したら、不完璧になるだろう。
半分以上削減しないと、要求に満たさないので、悩んでいた。
ただ、今その過程を体験してきた私には、削減することにより、自分の論文を見直しチャンスになり、勉強になった。
削減した部分が主に三つの面:
1. The discussion in the paper has been given in a concise way, examples and some redundant description have been removed.
2. The detail design of the case-study course has been removed including the experiment platform design and the introduction of the projects. The reference address of the homepage for the course is given in the paper. The homepage is under building, and will be accomplished in this month so that the reader can reference the course design from the homepage.
3. The discussing on the third requirement (personal ability) is removed from this paper. It is ultimate important for a competent system engineer, but the core method introduced in this paper is not directly applied to cultivate the personal ability. So we deleted it from this paper.
削減に一ヶ月ぐらい時間掛かって26ページになった。

このことから得た経験は原稿を書いて、投稿先を選ぶとき、必ず出版社のページ制限を調べておく。

ページオーバーした場合、発生する料金はいくらぐらい。まだ、今回のような、料金払ってもだめのようなケースもあるんので、ちゃんと調べないと、苦労や悔しいなど気持ち悪くなる

完璧な論文はない、真剣に繰り返して読めば、様々な改善の余地が見えてくると、修正する過程から分かって来た。



英文について

今回投稿した週刊誌は英文に対して要求が高くて、自分の英文に自信があまりないので、修正して再投稿する前に、Reviewerの要求に従い、二人インドの方に一回英文の訂正を頼んだ。そして、採録されてから、週刊誌のEditorにもう一回訂正していただいた。メモとして、これから、英文作文する時に注意すべき点を書き留めておく。

1. 定冠詞 the使うかどうか
However, (the) university education should ......
Development skills are (the) skills.......
A comprehensive educational method called the spirally step-by-step method is proposed.
2. 前置詞of & for、複合前置詞into  
3. 副詞ができるだけ動詞の前に置く
Old: An important evaluation standard of an educational methodology is whether it can transform the knowledge to skill effectively.
New: An important evaluation standard for an educational methodology is whether it can effectively transform the knowledge into skill .
4. 文の簡潔化
簡潔な構文には、不定詞と分詞が優先に
Old: However, the university education should put emphasis on the essential elements on the trunk, which will facilitate their future development.
New: However, university education should emphasize the essential elements on the trunk, to facilitate their future development.
Old: According to the cognitive theory, the understanding levels of a given subject can be divided into three categories, which are "I know", "I can do", "I adopted and adapted".
New:According to cognitive theory, the understanding levels of a given subject can be divided into three categories: "I know", "I can do", "I adopted and adapted".
代名詞の使用
Old: Laboratory can consolidate the learned knowledge and transform some learned knowledge into skills through practice.
New: Laboratory work can consolidate the learned knowledge and transform some of this into skills through practice.
5. 数字
論文中の数字がWordで表示するのが正式な文書の表現習慣である。
6. 二つ名詞の繋がり
英文に名詞を二つ直接繋がって使うのが絶対駄目。
なんらかの変形により、繋がって使用する。
Combined lecture-laboratory methodology
degree of comprehension for each knowledge unit
7. 時制のルール(rule of tense)
公知の事実を説明する時には現在、自分の発見には過去、論文の結論には現在時制
8. 文句の最初に略語や数字を使用しないように
9.話用語より、正式な表現を採用
例えば、話し言葉”get, didn’t, can’t”、正式”obtain, did not, cannot



2010年