半田付けのコツ

1.半田を半田こてに直接にあてなくて、パッドに当てること。
これによって、半田が上手くパッドにつけられる。
2.フラックスを活用
ブリッジにフラックスを付けって加熱すると解決
3.表面実装部品の半田付
まず、一個のパッドに半田を少しつける。
それから、部品を固定られる。

自作基板の検査

1.短絡が自作基板で一番よく発生する故障。
第一回の検査はスルーホール作成する前にやる。理由は個の時、短絡箇所を特定しやすい。
スルーホース作成して部品を載せる前に、もう一回検査する必要があります。
検査する点が二点:
繋がる点が全部つながったのか
短絡があるか

2.短絡ある場合の解決法
顕微鏡かルーペが強く推薦。
顕微鏡の下で、短絡する箇所を見ながら、余分の銅を削るのが作業しやすい。